logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月の週末は全然家におらず、この週末だけが自分の家で寝泊まりすることができました。が…

土曜日はTrombone Clubで演奏。
この日は石川さんというプロギタリストさんとご一緒させていただきました。
プロの方、しかも初対面の方とガチンコデュオで演らせていただくことはおそらく初めてだったので緊張しました。

ですが、石川さんのバッキングや煽り方がとても上手だったので、次に何が出てくるか分からない程良い緊張を伴いながらも、とても楽しく演奏させていただきました。

1stはお互い探り探りなところもあったのですが、2ndになると、ぴたっと合うところが多くなってきて、「お~来た来た、コレコレ!」という感じになり、「じゃあ次はこうやったら…そうそう、またキタ!」みたいに次に繋がっていくというインタラクションができて楽しかったです。

さすがプロの方はよく反応していただけるな、ということを実感しました。
いい刺激になり、自分もプロのレベルに少しでも近寄れたかな?という多少の自己充実感もあり、楽しい演奏となりました。



この日のお客さんにはサックスをやっているというお客さんが多く、少し余ったボトルのブランデーをいただいたり、いろいろお話させていただいたりして、このお客さん方は(お酒をくれたので)いいお客さんでした(笑)

また別のお客さんにはヤ○ハの音楽教室でサックスを習っているという集団が来ており、その方々にもなかなか好評だったようですが、休憩中にお1人が「サックスは何を使われてますか?マークⅦですか。アメリカですか、フランスですか?マウスピースは?リードは?」
というよくある一問一答を行ったのですが、その人の興味はサックスだけだったらしく、一通り自分の関心を尋ね終わると、「ありがとうございました」と去っていきました。僕の名前は聞かれませんでした(涙)

音色が気になったのなら、その人の人となりまで踏み込まないと分からないだろうに…と心の中でつっこんであげましたが、何で、サックスやってる人ってこういう人が多いんでしょうか。
理由としては2つ考えられます。
 1.本当にサックスのスペックにしか興味がない。
  →出てくる音はすべて楽器の性能に依るものだと考えている。
 2.(僕の)名前を聞きたくなるほどそう演奏が心うたれるものではなかった

きっと2番が正解なんだと捉えて、また今後も精進したいと思った夜でした。


そして日曜は昼からビッグバンドの練習、夕方からはまた別のビッグバンドの練習でけっこうへろへろになりました。
サックスでもこんなにバテるんだと初めて知り、体力の衰えを感じました(単に練習不足)。
んで夜は夕方バンドでの飲み会。いや~楽しかったす。
でも結局なんやかんやとゆっくりできなかったな~。
きっと今後も落ち着いた週末というのはあまり過ごせないのでしょう…。


今夜はたろばんでの練習。
木曜はTrombone Clubにてたろばんで演奏です。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/22(月) 15:19:38|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たろばん@Trombone Club. 2007.10.25 | ホーム | たろばん飲み>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/98-8b9d36ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。