logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アスパラ Live@Beat Station 2007.9.22

昨日は仕事が早く終わったので、暇つぶしに六本松に行きました。
すると、アスパラのライブがある、ということで、まだ一度も聴いたことのなかった僕は後輩に連れられて聴きに行きました。

綴りはよくわかりませんが、アスパラとは、「アストロ・ノーツ・パラグライダー」の略称で通っているジャズ研の後輩達がやっているスカバンドです。
けっこう精力的にライブ、そして客集めも頑張っているようなので、一度は聴きに行かないとなーと思っていたところでした。

会場は天神南のライブハウスBeat Station。

このライブを聴きに行った僕の感想を偉そうに書かせてもらうことにします。
さて、アスパラの運命やいかに!?ww
(僕に敵対心を持っている、もしくは心臓の弱いアスパラのバンドの方は見ないほうがよいかも…)


演奏した曲はスカパラのコピーを中心にオリジナルを織り交ぜ、なかなかステージ構成も考えて練習していることが伺えて微笑ましい感じでした。
アップテンポでノリノリな曲を次から次に繰り出してきて若いな~と感心してました。
みんな細くてマッチ棒にスーツ着せた感じに見えて…もっとみんなご飯食べて太った方が貫禄が出ていいですよwww


しかし…

PAが良くないですね。
ドラム・ベース・ギター・キーボードがロックバンドを構成する音量に管楽器が付属しているようなバランスで、とても残念でした。
バスドラがうるさいうるさい。

僕も昔、他の多管バンドでライブをさせてもらったことがあるのですが、特にロックをメインに置いたライブイベントでは管の音が聴こえないことに随分悩まされました。
せっかく管も頑張ったのに「何やってるか聴こえなかった」という感想もらった時にはガッカリします。
管が入ったバンドの時にどれだけバンドのバランスをきれいに出せるかというのがPA側に問われると思いますし、残念ながら福岡のPAでその点にきちんと配慮できるPAさんはあまり多くはいらっしゃらない。
その点にもっと気を配れるPAさんが多くならないと、福岡で管の入ったバンドが育っていかないのでは?と思っています。

もちろん、PAの責任だけでなく、「リズム隊を下げ気味にして、その上にきちんと管を乗せてくれ」とバンド側でも口酸っぱくして言っていかなければならないことでもあります。
もしくはバンドの中でライブ中にボリュームを調整していくか。
とにかく、もっとリズム隊の音量レベルを下げていかないと絶対にバンドのバランスはよくなりません。


そして管楽器の唄い方についてです。(ここへが一番厳しいかも…)

スカパラのコピーをするという方向性は全然問題ないのですが(実際僕もスカパラは好きです)、
「音符が滑る」「音がハネる」ために、全然スイングして聴こえない。
これがホーンセクションの致命的な欠点かなと思いながら聴いていました。

もちろん、ジャズっぽくスイングしまくってはオーセンティックなスカっぽくならないのですが、ちーっとばかりハネ過ぎかな。
すごい言葉を悪くして言えば、「ブラスバンドの人がスカパラやってる」くらいにしか聴こえないです。
厳しい人からは、「え、これジャズ研の人達なの?スイングできないからスカなんかやってるのかしら…」と思われても仕方ない感じですね。

最初期のスカパラを聴くと、当時のスカパラが目指すところは「歌謡曲スカ」であり、ソウルであり、ジャイブであり、スイングする曲にスカの要素を取り入れてやろうとしたところだったと思うのです。
メンバーはその点を踏まえて紆余曲折を経て、現在の管入りロックだかポップス色の強いところに来ているわけで…。

前にも述べましたが、僕もスカパラは好きです。大学入学当初は、デビューアルバムからほとんど全部集めているくらい好きでした。
お節介を敢えて言わせてもらうとしたら、「スカパラ好きというなら、ここ10年のスカパラはひとまず置いて、それ以前のをしっかり聴きなさい」ということを言いたいです(笑)。
その上で、最近のをやればよろし。

何かバンドの感想とか言いながら「スカパラの捉え方の相違点」について話しているようで変な気持ちですが、僕の言わんとしていることが少しでも伝わればよいかなと思います。

もちろん、僕が聴いたところの感想を一方的に書かせてもらっているだけなので、異論・反論はたくさんあることでしょう。
バンドメンバーからの質問・意見など、どんどんお待ちしております。

結構頑張っているようだったので、つい口挟んでしまいました…。
もっとアスパラがよくなっていけばなーと思っています。

ではこれにて。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/23(日) 15:55:19|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<日々の足の向け方それぞれが今後の音楽人生にとってそれぞれに転機になりそうな気がする。だから、いろんなところに足繁く通った方がよいような気がする。 | ホーム | たろばん@Trombone Club. 2007.9.20>>

コメント

この前は聞きにきてくださってありがとうございました!
正直、聞きに来られてるの知らなくて…
この場を借りてお礼を言わせてください。

いやぁ…やっぱこうやって辛口コメントされると
色々考えさせられます。

今後アスパラをどうしていこうかと悩んでたトコだったので
参考にさせていただきます。

もしよろしければ
10年以上前のスカパラのCDを貸していただけないでしょうか?
聞いたことないので…
  1. 2007/09/24(月) 11:40:39 |
  2. URL |
  3. umedu #-
  4. [ 編集]

コメントどうもです☆

好意的に書いて下さってありがとうございます(笑)
JAZZ的なスウィング要素の上にスカロックを取り込む、
というのは応用編みたいなものですからやっぱり難しいですね。
とはいえ基本であるはずのスウィングの意識が
最近希薄になっていたことは先輩のご指摘のとおりです。

アスパラ全員が一体となってスウィングする瞬間、
そのときどんな音楽が生み出されるのか、
自分たちが、聞いている人が何を感じるのか。
私はその瞬間を迎えることを切に願い、そして楽しみでなりません。

今後も精進していきますので、
私たちの成長をお見逃しないよう、
今度から毎回ライブ見に来て下さいね(^0^)/(笑)
建設的ご意見本当にありがとうございました☆☆
  1. 2007/09/24(月) 13:48:41 |
  2. URL |
  3. coda #-
  4. [ 編集]

>umeduくん、codaさん
ライブお疲れさま。
そしてコメントくれてありがとう。

だいぶ甘めにしたつもりだったんだけど…なんつってwww
まあこれからも頑張って欲しいから敢えて書かせてもらいました。

昔のアルバムは、今度貸してあげるねー☆
  1. 2007/09/25(火) 15:48:36 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます!!
  1. 2007/09/25(火) 23:51:00 |
  2. URL |
  3. umedu #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/91-4a6c6633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。