logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RSJOのレベルは年々上がりつづけていく

昨日は、現役の子から声をかけられてRSJOの練習を見に行ってきました。

来週九州のBig Bandフェスティバルがあるらしく、その本番前の詰めの時期に先輩としてちょいと偉そうな顔をして口をはさみに行ったのですww


ひとまず本番でやる曲を一通り聴かせてもらったのですが、

正直、

 (・∀・)イイ!!!!

この演奏がフェス本番で出せたら御の字じゃないかなと思えるくらいでした。
そんな状況でも「先輩、何かお願いします!」なんて言われるもんで、僕としては重箱の隅をつつくような指摘・指導しかできなかったですね。

…と持ち上げるのは簡単ですねww
少し細かく見ると、

・譜面はなぞれているがフレーズとしてはまだまだ
・各セクションでのバランスがもう少し
・曲における更なる意思統一

といった点にもっと気を配れればよいかなと思って、僕が感じたことを伝えていきました。
とは言え、なまじ譜面をさらってきてそれはそれなりにバンドがまとまって聴こえるので、本番直前に下手に手を出して混乱させたら大変だと思い、やや慎重に行かざるをえないところがあったのですが。


細かいところは言い始めたらキリがないので控えますが、僕が一番伝えたかったのは「どう譜面に対して取り組むか」ということ。
結果や理想となるところだけを提示してそれを真似させるのも一つの指導の形だとは思うのですが、僕は「結果に至るプロセス」としての譜面の読み方をどうバンドの中で共有して、それが有機的にバンドの中で展開させていったらよいかという方法論的なものを後輩に伝えたいと考えています。

その点を即座に消化することは学部生の段階ではそう容易ではないのですが、僕が言いたいことがどこまで伝わっているか、僕が言ったことを今の自分なりに取り込んでそれを応用していくか、それができるようになったらもっとバンドがよくなると思います。
特に3,4年生が昨年と比べてかなり成長して、その成長が自信となって各人がバンドを引っ張っていくという心意気で臨んでいるのが僕としては嬉しいですね☆


それにしても、午前も管楽器はみんなで練習やったにも関わらず、午後は僕が結構きつめな練習を課してもきちんと吹いてくる、そのスタミナに驚嘆しました。
みんな明らかに疲れた顔をしながらもきちんと楽器を鳴らし続けてバンドのサウンドが低下しない点は、僕が今まで見てきたRSJOの中でも飛びぬけて素晴らしいと思います。


1曲1曲詰めた後での集中した演奏が本番でできたら、九州の学生Big Bandの中でもかなり上位に位置づけられるのではないでしょうか。
やや身贔屓な見方かもしれませんが、彼らがもっとフレーズの歌い方を工夫していったら過去最高のバンドになるのかもしれません。
僕らが現役の時に苦手だったところを今の現役はきちんと吹いてきて、逆に僕らが楽しんでやってきたことが今の子達にはやや難しそうに見える、それぞれの時代で得手不得手が如実に出てくるのも、とても興味深く観察させてもらいました。



とにかく、もう僕に言えることはただ一つ。

現役のみんな、本番は楽しんで☆


---------------------------------------
僕は明日から夏の研修キャンプのため愛知に行ってきます。
本番中は遠く愛知の空から祈ってるよー☆
んでフェスから帰ってきたら感想聞かせてね。
スポンサーサイト
  1. 2007/08/20(月) 00:03:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベイシーだよ!全員集合!! | ホーム | 世界のCMフェスティバルin奄美 2007.8.11>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/85-9e70163a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。