logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

終末について考える週末

終末時計が23時55分を指したそうです。
これはアメリカの「原子力科学者会報」(Bulletin of the Atomic Scientists)に毎年年始めに掲載されるやつで、「ヒロシマ・ナガサキのような……核戦争によって世界が終末を迎える」のがあと5分らしい。
そしてこの終末時計の今までで一番危機に瀕したのは2分前、つまり23時58分。
アメリカとソ連が水爆実験に成功した1953年らしい。
「ちょっとあーた、こりゃやびゃーて。やおいかんねー」
(訳:ちょっとアナタ、この状況はヤバイですよ。よろしくないですよ。)
とか言いながら科学者は時計の針を2分前に進めたのでしょう。


まあ考え方次第でどうにでもなるってことだと思いますが、
原爆落とした張本人(国)でもあり世界最大の核保有国が何の権威だか知らんが核による終末を予測して暢気に発表している考え方がよく分からないですね。
終末時計を発表して、世界にどのような効力を求めたいのか?
核を抑えましょう?まず自分が捨てろ。

ワガママなアメリカが言ったところで世界は変わらず、
世界が危機に瀕しようが核を捨てる気配は一向に無くならない。むしろ増える。
そりゃそうだ、自分は持ってないのに敵は持ってるんだもん。
核均衡論が正しいとは一概に言えないのですが、何とか偽りの平和でも保たれている状態でよしとすべきなのでしょうか。


さらに終末時計について見ていると、
最も針が戻されたのはソ連が崩壊した1991年、17分前。
その次が、米ソの部分的核実験禁止条約が締結された1963年、12分前。
とりあえず「ほ、ソ連さんのころばしたばい。さしより敵のおらんけん時計戻してやかとじゃにゃーと?」
(訳:ほれ見ろ、ソ連さんが転んだよ。ひとまず敵がいないようだから時計は戻してよいのではないでしょうか?)
と科学者は喜んで針を戻したことでしょう。

ここから分かることは、
「終末」とはアメリカ資本主義帝国の終わりであって、
世界の終わりと完全に同義ではないということだと思います。


いろいろ書きましたが最後に僕が言いたいことは

「終末終末と言っているけれども、ハルマゲドンはキリストの教えの中だけでやってくれ」

ということです。勝手に巻き込むなとwww



昨夜は療育先の新年会があって、その後再び後輩相手に飲みました。
少し喋りすぎたかなと…。
説教めいたウザイ先輩と思われすぎないようにせねばいかんなと思う今日この頃ww

僕の週末はバンド練に費やしたいと思います。
今週は月曜からいろいろ忙しい週になりそうです。

あ、バンド練に間に合わないかも…
スポンサーサイト
  1. 2007/01/21(日) 11:32:01|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<たろばん@Trombone Club. 2007. 1. 23. | ホーム | 両国そば>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/29-d4115501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。