logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親川徹夫さんを偲んで

6月13日、22時ごろ、メールの着信がありました。

「親川さんが永眠されました。」




親川さんを初めて観たのは、7,8年前くらいのThe Big Bandの冬のライブでした。
日本浪漫座だったでしょうか。
Grand Canyonのソロや、Donna Leeでのサックスソリが物凄かったのを覚えています。

その後、1年と少しの間、バンマスからたまにリハトラでThe Big Bandにお声かけていただくようになり、
奇跡的にメンバーとして召し抱えていただくようになりました。
入った当時は親川さんは2ndテナーを吹かれていて、僕は4thでした。
全くと言っていいほど初見で吹けなかった僕の横には、初見で8割か9割音楽にしてしまうどころか、
テナーでリードアルトの譜面まで吹いてしまう親川さんが毎週いました。
(注:テナーはBb管、アルトはEb管といって、同じ押さえ方をしても出てくる音が違うのです)
16音符が並んだリードアルトのフレーズをテナーで吹いて「おぉ、流石に難しいね」と笑いながら話されていた時には、この人バケモンかと思いました。


それから5,6年、ほぼ毎週隣で吹かせてもらいました。
隣でプロの音色を聴きながら、それに必死でついていくという、観客でありレッスンを受けているようでもあり、というとても素晴らしい環境にいたんだなぁと改めて思いました。
その時はその時で一生懸命だったと思うのですが、今振り返ると「なぜあの時もっと一生懸命にやれなかったのか」と後悔します。
いつまでもこのような環境が続くわけではないことは分かりきっていることなんですが。


ライブの時は、休憩時間にビールで喉を潤されてましたね。
BBのライブで2部が始まるときにセットに入ると、いつもニュッとビールを差し出して「まぁ飲まんね」と飲ませてくれました。
そしてライブでは笑いあり笑いありの色んなハプニングをかましてくれましたね。
僕なんかがやらかすと極刑モノですが、親川さんがされると笑いになるというか…、その後にそれまでのミスなんて帳消しにしてしまうすんごいソロがいつも出てくるのも理由の一つなんでしょうね。

ライブの打ち上げでは、何度も誉めていただきました。
叱られたことは一回もありません。
その大らかで優しく、みんなとワイワイお話しを楽しんでおられる姿がとても好きでした。

2年くらい前だったでしょうか、何かのライブが終わって打ち上げの後、みんなで地下鉄方面に歩いていた時のこと。
その時、僕は音量やピッチ、ソロのフレージング、アンサンブルなど(ほぼ全部だな、汗)について色々悩んでて、マウスピースを変えたりリード変えたりなかなか落ち着いてませんでした。
ライブの後も「あ~今回もうまくいかんかった…」と迷いまくっていたので、歩きながら親川さんに、
「最近、色々試したりしているんですが、なかなか上手くいきません。どうやったら上手くなるんでしょうか?」
漠然とした質問ですし、そんなことプロに聞くのも失礼かなと思ったのですが、もしかすると具体的なアドバイスとかをいただけるかもしれませんし。
お酒の勢いもあって思い切ってお尋ねしました。
すると、いつもの笑顔で

「ん~?上手くなろうと思って試行錯誤してるんでしょ?それが一番だし、それでいいとよ。」

一気に脱力したというか、心の中のモヤモヤをふっと吹き飛ばしてくれました。
字面だけみるとものすごく適当な答えなんですが、その時に僕の気持ちはとても楽になって泣きそうになりました。
親川さんから頂いた言葉で、僕の中に強く残っている言葉です。



2月ごろから体調がよくないとお話しされていて、その後少しして入院という話を聞きました。
GW明けにお見舞いに行ったときは、入院前と変わらない様子で入院中の話とか、最近のBBの話とか、メンバーの動向とかを明るく笑いながらお話しさせてもらいました。
その時は薬の効き具合もよさそうで、調子がよければ翌日は楽器吹こうかなといわれていたくらいでした。

また来ますねとか言いながら、何やかんやあって1か月程度空いてしまった先日の月曜日、
「親川さんがもうよくないみたい」と言われ、練習後に病院に行きました。
1か月前とは全然違う様子でベッドに寝ている親川さんは、痛み止めが効いてて眠さ満開で目は開けられないものの、しっかり聴こえていて、お声かけするとウンウンとうなづいてくれました。
「たろーです」と声かけするものの、その後何を話しかけたらよいものか全く思い浮かばず、ただ手を握ってお顔を見つめるだけでした。
「また来ますね」と言うと、指と手が動いてバイバイしてくれました。


その2日後、訃報が届きました。
お通夜、告別式ともに参列させていただき、多くの方に別れを惜しまれる親川さんは、
とても多くの人に愛されていたんだなぁと改めて感じました。

僕なんかはまだまだ短く浅いお付き合いしかさせてもらっていませんでしたが、
ずっとご一緒されていたミュージシャンの諸先輩方にとってはいかほどかと思います。
そして何よりも、一番悔しいのは親川さんでしょう。
もっとやりたいことがあったでしょう。闘病中色んなことを考えられたでしょう。
それでも辛い顔や嫌なことを一つも見せずにいつもの笑顔でお話ししてくださいました。
そんな親川さんを尊敬していますし、大好きです。
ですが、やっぱりもっと一緒に吹かせてもらいたかったです。
色んなお話し聞きたかったです。
もっといろんなことを学びたかったです。



葬儀では、きれいに磨かれたアルトサックスとスキー板、そして焼酎が置いてありました。
親川さん、あちらの世界でもゆったり楽しんでくださいね。
そしてたまにでいいので僕が上手くなったか見てください。

親川さん、ありがとうございました。


スポンサーサイト
  1. 2012/06/15(金) 21:09:56|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<うげげ・・・ | ホーム | たろばん@Trombone Club 2012.5.29.>>

コメント

親川先生を偲んで。

はじめまして。
私は親川先生にアルトサックスを習っていた者です。
ちょうど丸4年。5年目に入るところでした。
いつも練習しないし、習ったことをすぐ忘れてしまう私でしたが
毎回、笑顔で褒めていただき、とても楽しいレッスンでした。
今 思えば、教えて頂いたひとつひとつを、どうしてもっと大切にしなかったのか悔やまれます。
ボランティアで演奏会にも来てくれて、一緒に演奏したり・・最後は「また来年お会いしましょう」と皆さんに声をかけてくれていました。
4年間・・2週に1回のレッスンで、いろんな思い出があります。

ライブも毎回のように伺っていました。 いつも笑顔で楽しそうに演奏される姿が大好きでした。

入院されてすぐにお見舞いに伺った時、ゆっくりお話して、笑顔で病気もしっかり受け入れ、逆に私を気遣ってくれていました。
帰りには1階の玄関まで見送り、笑顔で手を振ってくれました。 駐車場へ向かう途中 振り返ると、先生はまだ私の方を見て 手を振ってくれていました。
あの日のことが・・あの姿が忘れられません。

1ヶ月以上たった今でも、思い出すと泣いてしまいます。
やっと先日から、またサックスを習い始めました。
親川先生にせっかく4年間教えて頂いたのだから、無駄にしないように・・レッスンの途中で終わってしまった「星に願いを・・」を完成させたくて。

きっと頑張って続けることを親川先生も望んでいらっしゃると思い、これからも頑張ります。

今さらながら、親川先生の凄さを思い・・音楽の楽しさを教えて頂いた先生に感謝の気持ちでいっぱいです。

  1. 2012/07/22(日) 01:52:22 |
  2. URL |
  3. のだめ #-
  4. [ 編集]

>のだめさん

はじめまして。
コメントいただきありがとうございます。
そしてお返事が遅くなり、大変失礼いたしました。

4年も習われていたのですね☆
ライブも色々行かれていた…ということは、BBのライブにも来ていただいていたのでしょうか?
(そしたらお恥ずかしい限りです・・・)

音楽を続けるって、楽しいだけじゃないこともありますよね。
ですが、この方がおられたからここまで楽しくやってこれた、ということもあるのかなぁと。

「星に願いを」、ぜひ完成させてください。
そして、どこかで演奏される際は聴きにいかせてもらいますね☆
  1. 2012/08/04(土) 10:39:40 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

↑ちなみに

「管理者のみ」設定でコメントいただいておりましたが、
とても思いが伝わる文だったので、僕だけ読ませてもらうのは勿体ないなと思い、
勝手ながら表示させていただきました。
勝手な振る舞い、御許し下さい。

親川さんのお弟子さんだったことは、全然隠すことではないですし、
むしろ胸を張っていいことだと思います。

ただ、やっぱり表示しないでほしい、ということでしたら、またご連絡ください。
すぐ表示を消します。
  1. 2012/08/04(土) 10:44:20 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

こんばんは。  お返事をありがとうございます。
勝手な表示・・大丈夫ですよ^^

先日の 追悼ライブ「memorys of oyakawa」 も行かせて頂きました。
たくさんの方が集まり、先生はホントに皆さんに愛されていたのが よく分かります。
短い一生だったけど、大好きな音楽と 大好きな家族と 大好きな仲間と 大好きな焼酎で
普通の人より何倍も楽しい人生だったと思います。

今度 生まれ変わったら、私もバンドに参加させてください♪

しかし・・・あの日は暑かったぁ。。。

  1. 2012/08/04(土) 23:39:10 |
  2. URL |
  3. のだめ #-
  4. [ 編集]

>のだめさん

あのライブも行かれたんですね!
僕も行くつもりにしていたのですが、諸々の不都合が重なって行けませんでした。
僕なんかが行かなくても、多くの先輩ミュージシャンやなじみの方々でごった返すと思いましたし…(苦笑)
かなり人が多くて大変だったと伺いました(^^;

先日、親川さんのテナー(シリーズⅡ)を譲り受けることをお約束させていただきました。
親川さんの楽器を吹くといまだに色んな思いが頭をよぎります。
恥ずかしくないようにしっかり練習して、楽しくいい音楽ができるようになりたいと改めて思いました。

今度のコンボでは使ってみようかなとも思います。
もし機会があれば会いに来てください。
もちろん、僕ではなくて楽器にww
  1. 2012/08/08(水) 00:24:13 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/11(土) 01:22:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/280-97199b2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。