logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たろばん@Trombone Club 2011.11.22.

こんにちは。
いつの間にやら12月に突入し、2011年の残りわずか・・・となってきましたね。
そんなこんなで、11月のTrombone Club定例の振り返りをば。

セットリストは以下の通りです。

1st
 1.Trombone Club Blues
 2.Toy's Bossa
 3.Fried Bananas
 4.I Mean You

2nd
 1.Cheesecake
 2.Speak Low
 3.Satin Doll
 4.黄昏のビギン
 5.Autumn Leaves


この日は、ジャズ研のY野くんがお友達と聴きにきてくれました☆
そして、ぬぁんと!
僕らにとっての神こと大先輩・I林さんの突然の降臨という、嬉しいながらもクリビツテンギョーなハプニングに見舞われた夜でした。


この日は、久しぶりに僕(たろー)が全部決める夜で、色々やってみたいことがたくさんありました。
しかし、先日行ったリハで難しめの曲が2曲消え、それ以外でも、仕上がり具合がギリギリなものが多く・・・。
期待と不安が入り混じった状態でお店に入ったのですが、お店に入るとマスターから、
「今夜、いつもリクエストしてくる常連さんが来るけん、リストに入れといて」と言われ、
さらにセットリスト変更。。

では、これで!と思っていたらオバタが予定時刻を大幅に過ぎての到着。
1stの最後の曲からの参加でした。
それまでピアノレストリオでずーっと吹き続けるのってやっぱ大変ですね。


色々なハプニングが続いた結果、
最終的にやったセットリストは、挑戦したい曲が淘汰されて、結局何だかいつもどおりのリストになってしまいましたが(笑)、
困ったときのレパートリーていうのがあるだけで全然助かりますね(笑)

この日のサプライズゲストのI林さんとは、
Cheesecakeでご一緒させていただきました。
色々イベントや飲み会などで面倒をみていただいていたのですが、こうやってバンドできちんと絡むのって実は初めてだったんですね。
僕とかオバタとか幸子とかはみんな緊張していたのですが、ピカチュウだけあまり事態を認識できていないくて(初対面なんだから当たり前か笑)、Cheesecakeが始まってからピカチュウが緊張しはじめたところが面白かったです。
ベースのアプローチが、普段のたろばんから聴こえてくるものとは全く違って、とても有機的に聴こえました。
もちろん、好みや得意とするプレイスタイルに違いはあれど、幅広い演奏を行う基本的な能力を有した上で、「これはこれが好きだ」と言える方が凄いと思うし、かっこいいと改めて思いました。

幸子にはとても刺激的な夜になったと思います。
今の幸子のベースも好きなんですが、もっと表現の幅や仕掛け方の引き出しが増えると、バンドとしても表現の幅がもっと広がるんだろうなと感じた夜でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/04(日) 16:30:03|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新年明けましたね☆ | ホーム | Taroban in Autumn  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/270-3a22e6ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。