logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MAJOへの提言

遅くなりましたが、中州ジャズの話を。
と言っても自分の出番の話ではなく、MAJOの感想について書こうと思います。
マサヤから「たろさん節で褒めたりけなしたりしてください」と言われたので、
今回は多少遠慮なくイカせてもらいますww


初めに言っておきますが、
僕はMAJOについてはとても興味深く、演奏自体も楽しみに聴いています(偉そうにww)。
マサヤをはじめとする後輩だけじゃなく、そこに集まっている他大学出身のメンバーについてもそうです。
彼らがもっと上手くなって、もっといい演奏ができるようになるならいいなぁと思う次第です。
それではコメントしていきましょう☆
(こんな前置きするとダメだしを前提としているのが丸見えでしょうがwww)


MAJOとはMasterpiece Jazz Orchestraの略称で、
九州の各大学のBigband経験者が集まっている、いわゆるOBドリームチームみたいなもんです。
卒業・就職に伴うメンバー交代は仕方ないことだと思いますが、それでも何とか人が集まってバンドをやれているのは凄いことだなぁと思っています。


中州ジャズでは30分という短い時間ながら、
「スペクトラム」という不思議な曲からサンバ調の難しい曲、そこに4ビートも混ぜながら、演奏の幅をもたせて面白かったです。

メンバーも各人は上手い人が多く、特にリードTpの人はよく音が出してましたね。
ソリストも個人の色が出ていて楽しめました。
マサヤは、ソリストが進行をロストしていたとか言ってましたが、ほとんど分かりませんでしたよ☆
Tbの女の子2人はとても音遣いがよかったし度胸もあったと思います。
邪推ではありますが、あれが本当に自分のアドリブなら今後かなりイイ線いくんじゃないかと思います。

サウンドのバラつきは、マイクが十分にない野外ということで仕方ない面が大きいですね。
これは自分たちの力ではどうしようもないのであまり気にしない方がいいです。
ただ、マイクに乗せようとするあまり、Tpがマイクに向ける、つまり正面にベルを向けていなかったのが見てくれ的に惜しいなと思いました。
できれば、マイクに向かって吹くんじゃなくて、お客さんに向かって吹くという姿勢を示した方が僕的には好感もてます。


…さて、ここから先は「心臓の弱い方、ガラスのハートの方はご遠慮ください」ゾーンに行きますよ~ww




演奏を聴きながら、色々感じたことをコメントしていきます。
また、僕の意見を交えつつ、バンドに対して問題提起もすることで、みんなに考えてもらって、
自分たちなりの答えや姿勢をいつか見せてもらえればと思います。


・シラブルについて
 まずはシラブルについてです。「スペクトラム」やサンバの曲については特にシラブルについて目立つということはありませんでしたが、4ビートの曲が…。
特に「フレックル・フェイス」。シラブルを大事にしている人やプロが聴けば、一発で分かります。
シラブルについて特に指導を受けてこなかった(かもしれない)他大の人ならまだしも、僕がいたころのメンバーや一緒にやっていて僕が口うるさく言ってきたメンバーが全然できていないことにビックリというか愕然というしかないというのが本音です。
「今回は敢えてそのニュアンスを出していないんです」というのは一つの抵抗にもなるでしょうが、そんなことをやっていてはいつまでたってもいいバンドになりません。
英語をかっこよく(ネイティブのように)喋りたいという人は、徹底的に英語の基本的な発音の練習をするはずです。
自分なりの発音の仕方でしかしゃべらない日本人(に限りませんが)は、絶対に英語の発音が上手くならないでしょう。それと同じだと思います。
また、「シラブル、重要なのは分かってはいるんだけど…」というのであれば、適切なシラブルで歌えないもう一つ原因があるのではないでしょうか。それは、「適切なシラブルで歌うための基本的体力の不足」です。
アンブシュア、エアーの量やスピード、タンギングの程度、質…。

特にベイシーものは「何を吹くか」ではなく「どう吹くか」が最重要事項であって、「どう吹くか」の解釈をバンド内(パート内)で合わせていくことが一番重要だと僕は口酸っぱく、そのことしか言ってきていないと思います。
そのためには、各自が基本的な能力そして歌い方をきっちり身につけていく必要があるのではないか…と思います。

さらに言えば、自分の中に「どう吹くか」の基準や引き出しがないと、横で吹いている人がどう吹いているのか、何をしたいと考えているのか、この曲・フレーズをどう解釈しているのかについて考えが及びません。
相手がやっていることを理解しようとしないと、パートはいつまでたっても合いません。
各パートが自分たちで合わせていかないとバンドは未来永劫「有機的な絡み」をすることがありません。

それでもよければ……
少し考えてみてください。


・リズムについて
 シラブルの問題を適当にしていると、色んなところに影響が出てきます。
もっとも顕著なのはリズムです。テンポ感ではなくリズム感。
例えば4ビートのSwingで、「ドゥダドゥダ」とやりたいところを「タータタータ」とやったらどうなるか。
こんな大きな違いは無かったと思いますが、ノリが出せているバンドか、そして基本的なことはクリアしているバンドか、これまた聴いたら一瞬で分かります。

また、4ビートとサンバの時でリズムの違いがよく聴き取れませんでした。
音量の問題かもしれませんが、今度振り返りがあるときには注意してみてください。



僕が聴かせてもらったところでは、大きく言うとこの2点がとても重要かなと感じました。
あとは…メンバーのみなさん、バンドを楽しんでください!!
自分でやりたくて入っているバンドだと思うので、もっと楽しそうにしてくれないと、
聴いてるお客さんは凄く不安になったり、なかなかすっと入っていけません(^o^;
あとは、各自が思っていることをしっかりバンドにぶつけて、バンドがビッグバンドらしいサウンドになることを願っています。




…とまあ、色んなことを好き勝手に書きましたが、
これまでメンバーの何人かを見てきた僕だから、今回敢えて書かせていただきました。
人の演奏を批判的に聴くのはとても重要です。それが自分のプレーやスタイルの確立に大きく影響を及ぼすからです。
それとは別に、人の演奏に批判を加えるのにはとても勇気と責任が必要となります。
ましてやこのような情報媒体の場合には、誤解がつきものです。

出来る限り誤解がないような文体にすることに努めましたが、
それでも分かりづらいところやイラっとするところがあるかもしれません。
それは半分以上は僕の文章能力のなさによるものでしょう。
その時は直接メンバーとお話しできればと思います。
分からなければ、僕に聞いてもいいですよ☆その時はしっかり教えます!


繰り返します。
今回のエントリーは、MAJOがもっといい演奏になることを祈って書きました。
MAJO、頑張ってね。もっと高みを目指してください。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/04(土) 23:24:40|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<たろばん@Trombone Club 2010.8.10 | ホーム | アクセスカウンターを外したはずなのに、変なポップアップが消えないぞ。誰か教えてください。>>

コメント

まーじょおおおおおお
  1. 2010/09/05(日) 00:02:25 |
  2. URL |
  3. さちこ #-
  4. [ 編集]

>さちこ

どーした??www
  1. 2010/09/07(火) 23:38:30 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰してますー、結婚式以来でしょうか(時間が経つのが早い!)
現役のメンバーがまだ書き込んでないみたいなんでOBがコメントしてみます。

ご指摘されている点、興味深く読ませてもらいました。
楽しく演奏する、以外の点は僕もいまだにBackstageのマスターに言われます。笑

先日後輩に、「スウィングってどうやったらできるんですか」
という、簡潔にして答え難い、永遠のテーマを聞かれてあらためて考えたのですが、
ネイティブ英語と学校英語の違い、というのがいちばん分かりやすい説明だと思いました。
そしてその違いがもっとも顕著に表れるのが、シラブルとリズムなんだなと。
さらにそれが根底に求められるのが、(特にアメリカ式の)ビッグバンドサウンドだなと。

単語と文法を学ぶだけでは、いくら文章を書けるようになっても
ハイスタの英語の曲みたいになるんでしょうねー。
(僕はハイスタ大好きですが、ベイシーとは違いますよね、やっぱり)

…みたいなことを考えた結果、その後輩には
ブラックアメリカンのインタビュー動画なんかをおすすめしときました、笑

とても長くなってすみません。
たまには先輩に添削して頂こうと思った次第です、笑
それではまた19日に。
  1. 2010/09/09(木) 01:33:47 |
  2. URL |
  3. casa #K6bj1tk.
  4. [ 編集]

>casa
久しぶりやね!!
コメントありがとう☆

楽しく演奏する…以外はなかなかな永遠の課題だよね。
偉そうに書いてはみたけど、「楽しく演奏する」こと自体、
自分はできてないかも…て思ってしまうのれす。
聴いてくれている人が楽しんでくれたらそれで満足ではあるんだけどね。

やっぱ一番大事なのはシラブルとリズムだなぁと今回改めて感じさせられたよ。
「分かっていること」と「できる」ことにはやっぱり溝があって、
そこをどう埋めていくか、もしくは橋を架けていけるかということを
考え続けることが一番の近道じゃないかなぁとずーっと感じてます。
まあ僕もまだまだなんだけど。
でも、それを一緒に考えたり議論したりしていく過程が我々アマチュアにとっては重要で、
それができるようになっていくのが楽しいのかなぁと思います。

>ハイスタの英語の曲みたい
言いえて妙でニヤけてしまったよww
今度どこかで使わせてもらおっと☆

もう今週だけど、色々話せたらいいね~☆
最近の動向を聞かせてちょ(^o^)
  1. 2010/09/14(火) 00:10:34 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/243-74ce29a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。