logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リズムさんとダッキーさん

昨日今日と2つの学生Big Bandを見てきました。
昨日は九州大学・Rhythm Society Jazz Orchestra。
今日は九州産業大学・Ducky Jazz Orchestra。

そして今日はこの2つの感想と、身内への敢えて厳しい批判を載せた日記としたいと思います。
これ以上僕を嫌いになりたくない方はここでご遠慮ください(笑)


12月23日Rhythm Society Jazz Orchestra(以下RSJO)
現役の子達の練習を何度か見にいったことがあるのですが、その時と本番との劇的な差にびっくりしました。さすが本番クオリティ。

全編ベイシーです。ソリストも結構頑張っていました。彼らの日常の練習や、本番に至る過程を知っているので、「よく頑張ったで賞」を進呈したくなりますが、客観的に聴くとやはりソロスペースでバンドの勢いがダウンしてしまうことは否めないと思います。そんな中でも大礒さんのソロの出来はよかったのではないでしょうか。
本番ソリストとしてはMVPですね。ただ、ソリストのほぼ全員に共通していることなんですが、バンドでの歌い方とソリストの歌い方が全く違うのには違和感を覚えました。ソロで「おりゃっ!」て吹くニュアンスとセクションでのニュアンスが結構違うんですね。いいのか悪いのかはバンドの判断に任せますが。

次はリードラッパ。Put it right hereでの古藤さんのリードはなかなか味があってよかったです。ただ、同曲では、後半の盛り上がりでリードが出て来れなかったのが物凄く残念です。
Fun Timeにしてもそうなんですが、リードによって曲の良し悪しがこんなにぶれていいのだろうかと思うくらいリードラッパの差が大きいです。

リードがまあまあ乗ってくる曲と、リードって欠席?て思うくらいリードの穴だけがぽっかり空く曲。かなりげんなりするんですね。非常に残念。
てか前から何度か言ってますが、この点は絶対に改善したほうがいいです。

歌い方、ダイナミクスは意識してそうだったんですが、まだ甘い。本番で舞い上がっていたのかな?
リズム隊もプッシュがもっと。
特にドラム。Flight to Nassauの子は、練習の時からかなり良くなったけど、まだ曲に叩かされている感じ。

練習でも言ったことだけど、全体的に「バンドとして何をどうしたいのかがよく分からない」印象を受けました。
バンドの意志や主体といったものが今イチ明確に出てこない。
指が動いている分物凄く残念なところです。
「Big Band、やりたくてやってるんでしょ?」みたいな。
レベルダウンとまでは言わないにしても、何となくモヤモヤした感想を持ちました。


12月24日Ducky Jazz Orchestra(以下ダッキー)
ダッキーを聴くのは僕は2回目で、それも2年前だったのでそれからメンバーも変わってどうなってるかなと楽しみでした。

ベイシーやってるイメージなかったのですが、今回は半分くらいベイシーの曲をやりつつ、バディ・リッチやら熱帯JAZZ楽団とかやってて、熱帯の曲がよかったです。

歌い方は全般的にハネてたり、ひっぱり方がまだ甘かったりしていて「あーやっぱり4ビートは難しいんだろうな」と思うところがあったのですが、ところどころ妙におじさん臭い吹き方をしてるところがありました(笑)。ですが、いろんなニュアンスでもホーンの歌い方が結構揃っていてスッキリ聴けました。

それにしても金管がいいですね。元気が良くて切れがあってまとまっている。リードラッパはかなり確実にハイノートをここぞというところで当ててくるし、ダイナミクスもきちんとあって気持ちよかったです。
リズム隊はまあ結構難アリな感じでしたが、熱っぽくやってました(笑)

サックスのソリストは…技術的な面では改善の余地ありまくりなんですが、何だかよく頑張ってました。一生懸命さがモロに伝わる感じで若い演奏でした。



総じて言うと、僕の感じ方(いい演奏かどうか?)ではダッキーの勝ちです。
ラッパが鳴っている、ホーンの歌い方が結構統一されている(これはRSJOも言えること)、ダイナミクスへの意識が強い。

そして何よりも、バンドメンバーの思いというか気持ちの演奏への表れといった観点では断然ダッキーです。
「どっちのライブを長く聴きたいか?」という問いを投げかけられたら、僕はおそらくダッキーと答えるでしょう。
勿論RSJOに全くないと言っているのではありません。ただ相手の方がよすぎた。

ソロひとつ取ってみても、あまり上手くはないけど「おりゃあああ!俺が吹いてやるぜええええええ!!!!」みたいな感じでブリブリ吹くソロは面白かったし、曲全体にしても、メンバー各人が自分の仕事をしっかりやろうと頑張っていました。
次に何が出てくるのが予測がつかないし、予測がつかないところからとんでもないものが飛び出てきたり。
最後までラッパの勢いはよく、終始楽しかったです。

そういえば、ダッキーはほとんどみんなMCの中で「今まで練習してきたんで頑張ります!」て言ってたな…。
RSJOのMCでは意外と聴いてないなとふと思ってみたり。


あととても象徴的だったところが、ダッキーの終盤で幹事や主軸の3年生(このライブで引退)が自分のダッキーへの思いとかをMCの中で言葉に詰まりながらもじっくり味わっていたこと、目を真っ赤にしながら今までの思い出を噛みしめるように吹いていたこと。
自分がRSJOを引退する時を思い出して思わず僕もウルッときそうになりましたが、自分達が本気で一生懸命になってやってきたこと、そしてその集大成が終わろうとしている時に溢れてくるいろんな思い。

「彼らは本当にこのバンドが好きだったんだなぁ」

と強く感じました。そして3年生の引退を惜しみながら、次の世代を引き継ぐ2年生まで泣いていたり(笑)。
ダッキーの幹事の子もMCの中で歴代の先輩達に敬意を表しながら、44代目のメンバーとしてその責務を一生懸命仲間と作り上げてきた様子がありありと分かる大団円でした。

そこには、僕がずっと思い描いていたBig Bandの理想像、「ファミリー」に近いものがありました。
今年のダッキーはいいファミリーだったと言ってよいと思います。
とは言え他の年を見ていないのですが、おそらくとてもいい雰囲気の中でファミリーが築き上げられているのがダッキーの伝統なんだろうなと感じました。


今のRSJOに足りないものをダッキーは持っている。
ではRSJOにあってダッキーに足りないものは何か?
ダッキーのライブを見に行ったRSJOのメンバーはしっかり考えてね。

結局言いたいことが散らばりそうなんですが、とりあえず僕の記憶メモ程度に残しておきたいと思います。
意見・質問、他の詳細については今後の飲み会の中で(笑)

スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 01:33:17|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4
<<たろばん忘年会 | ホーム | たろばん@Trombone Club 2006,12,21>>

コメント

金管

金管に関しては、オレがやってるタングマジックに任せんですか。
鳴らない・決められないラッパ程情けないモノは無いんで、あれやったらオレが鍛えるバイ。
一体感。
共有感。
或いは思い入れ。
これが無いと音そのものが薄っぺらなモノになるんやろうね。
  1. 2006/12/25(月) 09:42:41 |
  2. URL |
  3. クマ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

Re:金管

そうですね、お願いします!

って僕がこの場で言っても仕方ないんですが(汗)

金管の子には打診してみますね。
あ、野田さんが既にしてるかも。
  1. 2006/12/25(月) 14:07:35 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

ReRe:金管

バリサクの後輩に教えてもらって今みてます..たろーさん,いつもお世話になってます(><)☆先日のバックステージの感想,心して聞かせていただきますのでぜひよろしくおねがいしますm(__)m
ダッキーさんの演奏は見に行けなかったのですが,無理してでも行けばよかったなと後悔してます(,, )
あの,
まだ私一人の意見なのですが,みんなきっと賛成だと思うので・・・是非,クリニックをお願いできないでしょうか(><)???実はブラスパート1・2年はほとんど全員で11月のタングマジックを聴講させていただいていて,実際にメンバーの多くが飛躍的に音域をのばしました!ダブルハイCがでるようになった子もいます!!聴講しただけでこの効果なので,もし楽器のある時に,吹き方の癖などを見ていただけたら,もっと上達できるんじゃないかと思うんです.ビッグバンドのトランペットをやっていて,クライマックスの1音が出せないことほど悲しいことはないし,バンド全体に申し訳ないです..パートのメンバーにも聞いてみて,またこの掲示板に書き込ませていただこうと思うので,ぜひぜひご検討下さい(><)!!
  1. 2006/12/26(火) 01:01:46 |
  2. URL |
  3. kto(RSJOtp2年) #-
  4. [ 編集]

はいはい☆

>kto(ちゃん、でいいよね?)
ブラスの吹き方とかのフィジカルな面についてのよいアドバイスができるかわからんけど、ビッグバンドについては僕が感じたことをドンドン伝えていきたいと常々思ってはいますよ☆

ラッパの責任の重さ、大変さ、気持ちよさ、今までのいろんなラッパを見ていれば何となく分かります。(実感とまではいきませんが)
ただ、それを踏まえた上でBig Bandをやっているのでやはりそれなりの努力は不可欠でしょう。

頑張る後輩の支援は惜しみません。
また話がついたら(ついてなくてもよいよ)気軽に声かけてくださいな☆
  1. 2006/12/26(火) 14:25:51 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/21-8223602e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

九州産業大学---大学情報局

九州産業大学九州産業大学(きゅうしゅうさんぎょうだいがく、英文名:Kyushu Sangyo University)は、福岡県福岡市東区 (福岡市)|東区にある私立大学である。運営母体は学校法人中村産業学園。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotati
  1. 2007/02/20(火) 21:57:27 |
  2. 大学情報局

九州大学

九州大学概観 大学全体 九州大学は、1949年に旧制九州大学等を包括して設置された国立大学である。2003年に九州芸術工科大学を吸収し、2004年に国立大学法人による設置へと移行した。九州帝国大学を直接の母体としている。さらに九州帝国大学は1867年に設
  1. 2007/03/10(土) 03:17:08 |
  2. 莉央の記録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。