logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そういや…

前々回のエントリで、胃が痛むと書きましたが、
実はその翌週、胃カメラを飲みに行きました!

人生初。

いやー、きつかったです。

「胃の泡を消す薬」と言われ全然美味しくない液体を飲まされ、肩に筋弛緩のような注射を打たれ、
喉の麻酔ということで苦くてほのかに甘い、しこたままずい液体をごっくんし、
いざ、胃カメラを飲まん!としたのですが、もう大変。

「胃カメラは…生まれて初めてですよね?」と聞かれたり、
涙やヨダレを流しながらオエオエむせてる僕の背中をさするスタッフが一人いたり…と、なかなかな体験でした。

ただ、胃カメラを飲む部屋の前に、「胃カメラ、鼻からでもいけます」という旨のポスターが貼ってあり、
そこには口から飲むよりどれだけ楽か、説明書きがしてありました。
そこまではフムフムと読んでいたのですが、最後に納得いかない一文が。

「鼻からの胃カメラをご希望の方は、スタッフに申しつけください」

んんんんん????
鼻からだとこれだけ楽だとうたっているにもかかわらず、口からがデフォルトぉぉぉ?
「鼻からお願いします」と言わない限り口から入れられるのでしょうか。
ということはつまり、患者にとって楽チン・負担の少ない方法をデフォルトとして取っていない、ということになりますよね?
鼻からだとやる側に少しスキルが必要とか、設備がそう多くないからとか、ちょっと高くなるとか、病院側にもいろんな理由はあるかと思いますが、患者からすると何じゃそりゃ?て思っちゃいますよね…。

ん?僕だけ?


…とにかく、胃カメラは終了し、血液検査の結果も踏まえてお医者さんから聞かれたことは2点。

医者:お酒飲みますか?
僕:はい、ほぼ毎日飲んでます。

医者:食事は炭水化物が多いですか?
僕:(ドキッ!!!)はい、(麺が)多いです。

医者:その二つですね。


はい、あっさりと原因判明。食生活を見直そうということでした。
胃は、少し荒れてたくらいで、潰瘍や腫瘍の類はなかったそうです。

よし、これでまた飲める!!…違うか。
別に健康志向というわけではありませんが、胃が痛くならないように日々飲みたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/09(木) 23:35:06|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月前半の麺 | ホーム | たろばん@Torombone Club 2009.3.17>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/189-c65a595d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。