logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖地巡礼 2日目 ~うどんはエンターテインメント!

前回から少し時間が空いてしまいましたが、早めに行きましょう!
聖地巡礼2日目。

朝ホテルを発ち、ウキウキ気分で目指した朝うどん(通算5件目)は、雑誌掲載常連の超有名店、「山越うどん」。



※注意:記事長し、画像多し。PC推奨です。



山道、田舎道をのんびり走っていると、突然、車、人が多くなる。
朝も10時前だというのに、何十台も停められる第1駐車場、第2駐車場ともほぼ埋まっている。

少し離れた駐車場に車を停め、誘導の警備員さんにまで「いらっしゃいませぇ~!」と言われながら店の入り口にいくと、10時にもまだ届かない時間なのに、10人弱の待ち。
「並んでる間に決めてください」と言わんばかりにこんなお品書が。



カチッと作られた看板に書いてある値段はどれも安い!
朝から心躍る気持ちを抑えられないっす!!
列に並んで待つのも束の間、スイスイと入店。
セルフの店ですが、中での作業がもうシステマチック。
見とれるくらいの流れ作業。人気のうどん屋さん以外では使用目的のなさそうな釜、茹で機などに感心しつつ、「かまたまやま」と「冷やかけ」を注文。
朝から2杯?2日目朝にしてもう頭がおかしくなりかけてます(笑)
出されたうどんを盆に乗せ、空いている席(場所?)を探して腰かけて啜ります。
テーブルなんてありません。みんなそこら中に腰かけて一心に啜るという、若干異様な雰囲気。
それでも違和感ないのが聖地クオリティ☆

かまたまやま:250円


ほどよいコシとなめらかなのどゴシ。スルスルと入って行きます。
麺と卵の絡みはきれいなんですが、丹念な感じはちょっと薄いかな。
けれども、玉子かけご飯にしても、ばばばーっとぶっかけてかき回して戴くものですから、それを考えると「丁寧に作りこんだ玉子かけ」てのはいかにも…ですよね。
これはこの感じでもいいのかなという、複雑な気持ちを抱きながらも、美味しくいただきました☆

あつかけ+とり天:250円

一口目はややさっぱりと甘すぎないダシがきれいな印象。
朝からこの温かさは胃に優しいです。
美味い!とさらに食べ進めるうちにドンドン味が広がってきて、うーん満足☆
この値段でこの質はむちゃくちゃ満足でした。



ゆっくり味わうという感じではなかったですが、ここまで有名になるだけの力とそれを可能にするベルトコンベア式のシステムには納得です。
とりあえず来れてよかった。次は冷やかけ狙いで。

評価:うどん資本って凄いです。 かまたまやま 75点、かけ80点



その後向かった6件目は、しょうゆうどん発祥(と言われる)の店、小縣屋。
しょうゆうどんと、自分で大根を好きなだけおろして戴くというお店です。

店の裏には大型バス用の駐車場でしょうか、観光客、それもツアー客目当てのような印象。
さらにデーハーな店構えがなんとも…。

大根をゴリ押ししたいんでしょうね。こんな劇場が。

大根に取り込まれたクマさんや●ッキーもいました(笑)
何をしたいのかよくわかりませんでしたが。

入口入るとお土産コーナー、そして席数もなかなかの数。
ただ、残念なことにお客さんはほとんど入っておらず(汗)
お客さんの数を見れば店の実力が分かるのかなぁ…直面化されすぎて厳しい世界だなぁ…。
みたいなことを思いながら、しょうゆうどんを注文。
するとほどなくして大根のお出ましです。


大根をシコシコおろしていると、うどん到着。
しょうゆうどん:400円

おっ、なかなか美しそうだぞぉ…?
と大根としょうゆをかけてズババと啜れば、プニプニ弾力のある麺。
…が、しかし。食感はプニプニなだけ。噛み応えやのどゴシは好みではない。
また、しょうゆ、大根はそれぞれ取り出すと美味いと思うが、これらが一緒になるとイマイチうまく合わさらない感じ。

…うーん、この値段でこの味は残念。
全国的にみると決して高くない値段ではありますが、ここ聖地においてはやや割高に感じられるのが聖地マジック。

評価:ツアー客狙いのうどん屋、お客さんお少ないうどん屋において、聖地の厳しさを実感。 55点



その後、腹ごなしに金毘羅神社へ。785段の石段を登ってだいぶ汗ばむ。
そして急いで聖地の中でも代表格と評される、「なかむら」へ。

…が、

「麺売り切れのため、閉店します」の看板が。
うおーい!まだ13時半ですよぉぉぉぉ!!???
とショックを隠せない我々でしたが、その後も続々となかむらを目指して来た車が踵を返していく様を見て、やはりうどんツアーは朝が勝負だということを痛感。



泣く泣く別の店にいくことに。
実は、金毘羅さんからなかむらに向かう道すがら、「宮武うどん」を見つけていたので、
行先は「宮武うどん」に決定!!


店に着くこと14時前。店の前には50人くらいの行列が!!
ですが、美味いうどんが啜りたひ!とぐっと堪えて列に並ぶ。
店の前には15人くらい座れるベンチがあって、そこが「次入店できるグループ」みたいです。
それでも我々が入るまで3チームくらい店に入って行きました。


結局、店に入れたのは30分くらい待ったあと。
そして注文後、さらに15分程度待ち。
その間もドンドンお客さんの回転もあり、新チームの続々の入場もあり、大変にぎわっておりました。

でてきたのは、冷やかけ(小):250円

うーん、これはまた作り手の意気込みがビシビシ感じられる一杯でございます。
細めながらもゴリゴリの噛み応え。今まで啜ってきた麺の中でも手作り感が溢れ、小麦粉の風味、塩味が分かります。
ダシもイリコがグイングインと駆け巡って、思わずズビズバと啜りまくりんぐでした。
スルッと入り、ごちそうさんと店を出ると、相変わらずの行列。

うーん、どこから人が駆けつけてくるのか、巡礼者のパワーを再確認。
かく言う我々も同じ穴のムジナではあるのですが。


評価:もっと食べたかった。そして湯だめを啜りたい。 83点


そんなこんなで聖地巡礼2日目も終わり。
相方のお父さん・お母さん方とはここでお別れ。
僕らにはもう一日あるのです~。

次回、「聖地巡礼 3日目~僕は住むなら福岡か香川だ」を待て!!
スポンサーサイト
  1. 2008/10/03(金) 09:52:52|
  2. 美味いもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<聖地巡礼 3日目~僕は住むなら福岡か香川だ | ホーム | 聖地巡礼 1日目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/154-7e39a0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。