logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たろ&ちふみ Duo@Trombone Club 2008.6.19

どうもエントリーが後手後手になってしまいますね…。
この理由は、夜のお酒のせいだと思います(笑)
いい気分になってそのまま寝てしまうので、こればかりは仕方ないですね…。

そんなこんなで、先週Trombone Clubでやりました、ちふみさんとのデュオ。
雨のせいでお客さんもそう多くありませんでしたが、楽しくやらせてもらいました。

セットリストは以下のとおり。

1st
 1.Honeysuckle Rose
 2.Valse Robin
 3.The Shadow of Your Smile
 4.Falling Grace
 リクエスト Killing Me Softly

2nd
 1.Driftin'
 2.Sembellogy
 3.My Romance
 4.Elucidation
 5.Chole Meets Gershwin


この回は、以前から特にやってみたかった曲、過去2,3回の宿題曲を多く入れてみました。

Valse Robin
デクスター・ゴードン作曲のきれいなワルツ。
コードが以外と微妙で、ずっとフワフワした感じで進んでいきました。
もう少しコードを丁寧にみていかないと、何やってるのかわかんなくなりそうで、実際そうだったかもしれませんorz

Falling Graceは綺麗な曲のはずなんですが、
テーマやコードの感じがうまくつかめずに宿題曲となっていました。
別に何か特訓していたわけではないのですが、今回やってみると不思議なムードでできました。
ただ、これまたもう少しコードを丁寧に見ていかないとすぐ迷子になりそうww

Sembellogyは、ブラックベルベッツでもおなじみの田中邦和さんとスカパラの沖さん(key)のデュオ、
Sembelloのオリジナルより。
メロディがかわいいのですが、いかんせんキーが「B」…。
あまり得意ではないキーに何とか挑戦してはみたものの、こなれるまでにはまだ修行が必要な感じです…。


Elucidationはメセニーの曲。
結構速くてコード展開も多いのですが、流してしまうとそれなりに聴こえてくるというシロモノです。

Chole meets~はペトルチアーニのすんごいかわいい曲。
テーマのキメがにくいのですが、二人だとすんなりできてしまうのが非常に楽しいです。


そして、先日の東京銘曲堂に刺激を受けて、
当日にスタンダードを入れることにしました。
My Romanceは久々のスタンダードということもあって、とても楽しかったです。
前後の曲がキーとしても慣れていなかったり、コードが微妙に複雑だったりとしていた反動か、
「おお、できる!!」みたいなww


全体として、二人の息がだいぶ合ってきたような気がします。
(僕がちふみさんについていけるようになった?ちふみさんが観念して僕のレベルまで降りてきてくれた?)
もっといろんなことを試していけるようにしたいです。

くどいようですが、先日川嶋さんの音を聴いて以来、
あんな音を出してみたいと久々に具体的な目標ができた気がします。
「ぶぅー」と鳴らすことはできるのですが、まだ少し散っているというか、吹き散らかしている部分もあるなと。
もっと音の芯を真中によせて密度の濃い音に近づけていけたらいいなと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/23(月) 08:17:45|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライブの朝 | ホーム | 東京銘曲堂 Live @New Combo 2008.6.15.>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/139-c1fc4fa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。