logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たろ&ちふみ Duo @Trombone Club 2008.5.22.

最近めっきり楽しい、ちふみさんとのデュオ。
5月も頑張ってやりました!!

それにしてもだんだん曲が難しくなっていく…(汗)

セットリストは以下のとおり。

1st
 1.I Mean You
 2.Song for Bilbao
 3.Skylark
 4.I Hear a Rhapsody

2nd
 1.雨音
 2.Cute
 3.Lester Left Town
 4.Don't Get Around Much Anymore
 5.Beautiful Love


この日は珍しく(?)お客さんは若い女性ばかり☆
僕の友達や、けんぞうのバイト先のお友達などが来てくれてました。
途中で大先輩・O方さんも来られたのですが、O方さんを含めても、お店には女性ばっかりで野郎はマスター・O方さん・僕という何とも嬉しい空間でしたとさww

先日、軽くちふみさんと曲を合わせたのですが、ンモー楽しい!けど難しい…。
だんだん僕の出来ないところが出てきて、メッキが剥げてきた感がありますねwww


ちふみさんが持ってこられる曲は、比較的新しいというか、所謂「コード一発モノ」とかもあって、
結構頭をシンプルにして、その中でどう自由にできるかということがミソな感じです。

けれども、そっちの若干自由にできる曲とコテコテな曲とを交互にやると、
頭がついていかないwww

休憩中にO方さんが、僕が持ってきた曲とちふみさんが持ってきた曲を全曲見分けることができたのには笑ってしまいましたww
(みなさんは分かるかな?)


1stセットで一番汗かいたのは、「Skylark」。
僕は所謂ジャズ○タのコードでやろうと思っていたのですが、ちふみさんが持ってきたのはコードが全然違っていて(幸いなことにキーは一緒)、どこをやっているのか全然分からず大変でした(>_<)
いやー、コードが変わるだけでやっぱり全く雰囲気変わりますね。
勉強になります。
そして「I Hear~」も、ジャズ○タのコードはやっぱり変だということを再確認。
自分でももっとコードを確認して、都合のよいコードに積極的に変えていくことを覚えなければいけないなーと痛感しました。
勉強しよ。


2ndは、「この曲2人でやってみました」特集ですww
最初は「雨音」。
imaring先輩が好んでトリオでやっておられて、いい曲だなーと思いながら聴いていた曲です。
今回、二人でもできるんじゃね?と僕が思い、提案したところ、「お、二人でもやれるね!」ということになって実現。
んーいい曲。
でももっとテーマを綺麗に、イメージを膨らませるように吹けたらいいなぁと思いました。

次は「Cute」「Lester~」。
カルテットではお馴染みの曲ですが、これをデュオでやったらどうなるか!?
という結構挑戦的な試み。
けど、かなり楽しく、曲のイメージもほとんど変わることなく楽しくできました。
さすがはちふみ姉さん。

後半は大先輩・O方さんにも加わっていただき、テナー2本とピアノ。
…あれ、この編成…この前もあったような…ww

んで、後半は…、O方さんにやられました。
Beautiful Love、僕も大好きな曲なんですが、完璧に持っていかれてしまいました…orz
僕も頑張ってたつもりだったんですが、やはりこのお方にはまだ届かないなと。


んー、まだまだ勉強すること、練習することはたくさんある!!
そして、このデュオでやってみたい曲はたくさんある!
うはー、楽しみになってきたー☆

また次回に向けて頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/26(月) 10:28:09|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【お知らせ】TOKU meets The BigBand Jazz Orchestra 2008.6.28. @Billboad Live Fukuoka | ホーム | これはベラボーに美味いです。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/136-8f42b2f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。