logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たろばんproduce たろばん 春の「俺」祭り@ROOMS 2008.3.15.  その2

エントリーが若干遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

週が明けてから大阪での学会に向かい、そこで更新しようとしたのですが、ホテルにネットがつながっておらず、あえなく断念…。
確認しとけよっていう感じですよね…。

まあそれを言い訳にしたところでも、相変わらずの不精癖は勘弁してください。


たろばんの感想です。
まずセットリストは以下の通り。

 1.Daahoud
 2.My Favorite Things
 3.たそがれマイ・ラブ
 4.おもちゃのボッサ
 5.Yes or No


録画を見返してみると、楽しいライブだったなぁということが思い出されます。
まあ色々失敗はあるのですが…(汗)

・Daahoud
まず1曲目から僕が失敗しちゃってますねorz
はじめからガツーンといけたら…という理想がいまだに達成できないバンド…(僕個人の問題かな)。
2曲目からはまあいいので、DVDには2曲目から入れようかな…なんちゃって。


・My Favorite Things
今回にして初めてカルテットに使ったソプラノ。
ソプラノ自体は結構前から持っていて、購入したときからやってみたかった曲がこの曲でした。
ベタだなぁと思いながらもやってみたかったので、今回やってみました。
以前はソプラノでのピッチを安定させることが難しく、なかなかコンボでの使用に踏み切れないでいましたが、思い切って使ってみるとアラ不思議。
意外といけますね。だいぶソプラノちゃんと仲良くなれたのかなという気がしました。
ちょっと信仰もモードっぽく、僕らなりの空間を演出できたかなと思います。

やってる側として楽しかったのが、やはり矢野です。
あとは、やはり矢野クオリティとでも言いましょうか、本番になるまで矢野がどんなことをやってくれるのか期待していましたが、やはり本番クオリティを見事に見せてくれました。
これは本番しか見ていないお客さんには全く分からない話でしょうが、こういった点が僕らにとってのとても楽しい一面でした。
欲を言えば、あの矢野のやりたいことに憲三がもっと反応してくれれば…というのがあったのですが、ここではあまり多くは言わないようにします。


・たそがれマイ・ラブ
今回は、これをやるのが実は一番の目標だったんですww
途中に挟んだ「ママとけんちゃん」の小芝居の受けもよく、これだけでも満足。
憲三がしゃべりに夢中で、ハイハットを叩く腕がカチーンと固まっている姿がむっちゃ面白かったです。

まあ一つ心残りがあるとすれば、藤井くんと憲三の絡みがなかったことかなぁ。
「いかに藤井くんと憲三に無茶させるか」という裏テーマのもとに進めてきていたのですがね…。


・おもちゃのチャチャチャ
最近、特にはまっているブラックベルベッツさんのアレンジ。
うーん、素敵なアレンジ。
あの音域をゆったりブロウするのって結構大変なんですが、それを表面的にみせることがなくなったところに僕の成長があるのかなという感じがしますww


・Yes or No
毎回、ステージでは「今回のドカドカ系課題曲」を定めていて、これが今回の曲でした。
以前初めてやったときは惨敗だったんですが、なんとか曲に対抗できたかなと思います。


こうやって振り返ってみると、ステージの構成や流れとしては良かったんじゃないかと思います。
曲の詰めやら、個人的な問題多々あるかとは思うのですが。



最後に今回のイベントを大きくまとめて僕が考えていたことを。
まあ文章では伝わりにくいところもあるかと思いますし、それよりも僕の伝え方がつたない部分も多々あると思いますので、ご容赦ください。

僕が今までの先輩方からもらったものはたくさんあって、それを後輩に繋いでいくことが僕達先輩組のジャズ研での仕事かなということを考えていました。
僕らに見えているもの、聞こえている音を、後輩にどう伝えていくか。
そういった中で、こうやって先輩後輩一緒になって遊べる場を一緒に作ろうとしたことはとてもよかったです。

特に今回は、バンドを3つ、それも特徴の違うものを3つ出しました。
それぞれのバンドが考えていること、方向性の相違、表現できるものの相違がはっきりとした形で出てきて、バラエティに富んだイベントだったのではないかと思います。
あとは、休憩中に「世界のCM」を流すことは、僕の中でさりげなく重要なポイントで、これもなかなか楽しんでもらえたようでよかったです。

音と映像から攻めて、休憩時間も飽きさせないゆったりとしたイベント。

僕がやってみたかったことだったのですが、いかがだったでしょうか?



最後に、

来てくださったお客さん、ありがとうございました。
みなさん一人一人の感想や意見、不満などが聞ければよかったのですが、時間の都合上できませんでした。
もしこれを読んで、コメントしていただけるなら幸いです。

そして、

出演者のみなさん、ありがとうございました。
今回イベントをやってみて、できたことできなかったこと、いろいろあります。
赤字にならなかったことは、本当にメンバーのみんなのおかげだと思いますし、スムーズに時間が流れて行ったこともみんなの協力あってのことだったと思います。

たろばんのみんなも、ありがとう。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/23(日) 10:57:23|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<鐘ヶ江亮クインテット Live@Backstage 2008.3.22. | ホーム | たろばんproduce たろばん 春の「俺」祭り@ROOMS 2008.3.15.  その1>>

コメント

DVDを見て一人で反省しましたww
本番は個人的にもっと壊れたMCをしたかったですけど、
まぁこれが今の僕のクオリティですね!

それとこないだのライブに来ていただきありがとうございました!
もし時間があって、記憶に残ってるようでしたら批評宜しくお願いします!!
  1. 2008/03/25(火) 22:50:38 |
  2. URL |
  3. ごあ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/124-96c21650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。