logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

たろばんproduce たろばん 春の「俺」祭り@ROOMS 2008.3.15.  その1

はい、とうとう終わってしまいました、「俺」祭り。
100人ものお客さんに来ていただきまして、ありがたい限りです。
イベント自体も大した滞りなく進み、協力してくれたメンバーのみんなのお陰かなと非常に感謝しています。

早速感想にうつりたいとおもいます。


自分たちの演奏はさておき、まずはC.R.T.。
ベースの大先輩のimaringさんのピアノトリオです。
先輩自身も感想はこちらに書いておられるので、よければリンク飛んで読んでください。

それにしても、このトリオは素敵過ぎです。
このバンドがイベントを成功に導いたといっても過言ではないですね。
ベースのimaringさん、ピアノのちふみさん、そしてドラムのU田先生。
3者がみんなそれぞれにツボを押さえまくりで、もうそれは素晴らしいものでした。
何か「素晴らしい」しか言っておらず、他に表現方法がないのが歯がゆいのではありますが、
これを聴けなかった人は残念としか言いようがないです。

後半に入ってこられたゲスト・宮崎幸子さんも、素晴らしいです。
昔、芸工のジャズ好きにおられたときに何度か歌を聴いて、「うわーいいなー」と思っていました。
その歌がまたここで聴けるなんて!
ちっこい身体からのびのびした声が空間を包み込み、それはもう満足という以外にはありません。


先輩方の音楽の作り方は非常に勉強になります。
3人とも曲に対する理解が非常に深く、そしてお互いがやりたいこと、これからやろうとしていることを理解し、それを強烈な集中力・緊張感をもった音で表現する。
これらのことは、音楽、特にジャズのようなインタラクションが多くの部分を占めるものでは最も重要なことであり、僕らも目指したいところではあるのですが、これらの具現化にはピアノトリオが最も最適な編成なんだなーということを感じました。
憲三だけでなく、ジャズ研の後輩もU田さんのドラムをお手本にして、これから精進してもらいたいと思いました。

このバンドを、来ていただいたお客さんに聞いていただけること、そして後輩に聞いてもらえることができて本当によかったと思います。



次に、イベントのトリ、Gold Finger Big Band。
曲順は以下のとおり。
 Like Thunder
 Just Chattin'
 It's Allright With Me
 Trofeo De Bolos
 Quietude
 Ya gotta Try...Harder!
 Swinging Fingers(アンコール)

まあ、いろんなところにハプニングはありましたが、それはメンバーも分かっていることなので、そうとやかくは言いません。みんなが頑張った本番の結果ですし。
結構ハードな選曲だったと思いますが、終わってみるととても充実した、バランスの良いセットだったのではないかと思います。
管は生音だったにも関わらず、非常にバランスがよい。
サックス・ボーンの和音がきちんと聞こえてくる上にラッパが乗っかるのがとてもいい感じです。
ステージ上でも、全員の音が僕には聞こえて、みんなが集中してバンドを進めているという意思を確認しながら音楽を楽しめたのは素晴らしいことだと思いました。
みんなに拍手!!

リードラッパのポッキーがこの春卒業して離れてしまうので、できる限りポッキーの好みに沿った形でセットを組んだつもりではありましたが、ポッキーの出来はいかがだったでしょうか?

曲順もせいで、後半はオバタ(ピアノ)祭りみたいになりましたが、
彼のピアノもビッグバンドっぽくなって、とてもいい感じです。
やっぱ彼を活かすことができたバンドを作ることができてよかったなーと思います。
リズム隊もがっちり組まれてよかったです。
このリズム隊があったからホーンが気持よく乗っかれました。

そして、今回優秀賞をあげたいのがトロンボーンセクション!
It's Allright With Meなどの結構厳しいトロンボーンソリを課題としてだしたのですが、それに見事に応えてくれました。
やっぱできる子たちだったんだね☆

全体でそろって練習することが難しいバンドではあったのですが、みんな僕が考えていることを汲んでくれて、その上で自分がどうすればよいのかということを考え、実行してくれたのが今回の結果になったんじゃないかと思います。
今までのビッグバンドで、一番居心地がよく、やりやすいバンドでした。
imaringさんにもジェラシーを抱かせることができたし(^o^)v
もうちょっと続けられたらな…と思うとさみしいですね。


っとここまででまだ2バンド。
いったんエントリーを区切ります。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/17(月) 10:19:09|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<たろばんproduce たろばん 春の「俺」祭り@ROOMS 2008.3.15.  その2 | ホーム | ほら、見てみぃ!!ドッキドキやぞ!!>>

コメント

ボーンソリは、悔いが残ったとはいえ、目立てたのでよかったですw
みんなよくやってくれたなぁと思います。
忙しい中、まだまだ上手くなれているということが嬉しかったです。
  1. 2008/03/21(金) 14:35:14 |
  2. URL |
  3. teru #-
  4. [ 編集]

>teru

いやーよかったよ。

みんなよくやってくれました。
まだまだ伸びしろはあるはずだから、今後もみんなで上手くなっていきたいね☆
  1. 2008/03/23(日) 11:07:28 |
  2. URL |
  3. たろ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://taroban.blog81.fc2.com/tb.php/123-283b4e13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。