logo3logo

ゆかいな仲間と酒と音楽があれば多分人生は楽しいはず

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宴のあと

―TOKU meets The Bigband Jazz Orchestra―Live @Billboard Live 福岡 2008.6.28.

なんだか夢から醒めやらぬ気分ではあります。
そしてあのステージに立たせてもらえた喜びと、それをどう表現してよいか分からず
思ったより自然体としていた自分が不思議で仕方がありません。

TOKUさんはすごくフレンドリーな方で、
初めて会った人の名前もほぼきちんと覚えてくださってます。
すっと出てくる握手。初対面なのに結構付き合いが長いような感覚に陥いる、これがTOKUマジックか。

プロしか立てないと思っていた舞台(実際そうなんでしょうが)。
多くのミュージシャンの演奏を聴き、興奮していたその舞台での演奏。
感じたこと、考えさせられたことはいろいろありました。
出てきた音としては大分バンドの足を引っ張っていたかもしれません。
できる限りのことはやれたと思う一方で、まだここまでしかできないのかという思いもありますが、
これは僕の課題として今後も頑張っていきたいと思いを新たにしました。

打ち上げでは、みなさんとのお話の中でいろんな思いについて聴かせていだたくことができました。
少し長くなってしまい、帰ったのは5時半過ぎくらいでしたが。

学部生だった数年前には思いもしなかった状況に今現在いるのですが、
不思議なことに、学部の時よりも「もっと上手くなりたい」という気持ちは強くなっているようです。
定期演奏会や学園祭やその他のライブで、「あぁ、今日の演奏はよかった」とか「楽しかった」とかいう感想だけでない、この感触。

そして何よりも「もっと上手くなりたい」「もっと楽しくなりたい」と強く思い続けているプロの方、社会人の皆様方と一緒に熱い時間を過ごさせてもらえたことに感謝します。

何だか大人の階段を一つ上った気がします。
あと何段あるか分かりませんし、今のところ目の前に階段は見えていません。
それでもあの夜の興奮はしばらく冷めそうにありません。



------------------------
これとは別の話ですが

ライブ当日の朝に突然の訃報がありました。
衝撃とその実感のなさにまだうまく整理がつきません。
通夜にも葬儀にも行けませんでしたが、ご冥福を祈るばかりです。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 18:53:21|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブの朝

いよいよTOKU meets The BigBandのライブ当日です。
昨日はTOKUも交えたリハをやりました。

会ってみたTOKUは…

でかい!顔、手、などなど…w
少し鼻にかかったローボイスで話すんですが、かなりフランクでおちゃめな方なので、
ライブ前日のリハと言え、かなりゆったりリラックスした感じで進んでいきました。

んで練習後はバンマスやその他のメンバーさんとTOKUを交えて晩御飯へ。
TOKUはよー食いますww


そんなこんなでもう当日。
軽く音出してから会場に向かいたいと思います☆
  1. 2008/06/28(土) 09:53:58|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

たろ&ちふみ Duo@Trombone Club 2008.6.19

どうもエントリーが後手後手になってしまいますね…。
この理由は、夜のお酒のせいだと思います(笑)
いい気分になってそのまま寝てしまうので、こればかりは仕方ないですね…。

そんなこんなで、先週Trombone Clubでやりました、ちふみさんとのデュオ。
雨のせいでお客さんもそう多くありませんでしたが、楽しくやらせてもらいました。

セットリストは以下のとおり。

1st
 1.Honeysuckle Rose
 2.Valse Robin
 3.The Shadow of Your Smile
 4.Falling Grace
 リクエスト Killing Me Softly

2nd
 1.Driftin'
 2.Sembellogy
 3.My Romance
 4.Elucidation
 5.Chole Meets Gershwin

[たろ&ちふみ Duo@Trombone Club 2008.6.19]の続きを読む
  1. 2008/06/23(月) 08:17:45|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京銘曲堂 Live @New Combo 2008.6.15.

昨日の夜は、仕事の打ち上げを中座して久方ぶりにNew Comboに行ってまいりました。
東京銘曲堂。サックス・ギター・お目当ては川島哲郎さん(ts)です。

お店には、福岡界隈で見たことのあるミュージシャンの方々が多く来ておられ、たくさん挨拶しましたww


演奏はというと…。
素晴らしいですた。
ジャズのスタンダードを丁寧にやるというコンセプトの元に集まった王道トリオ。
しかもギター以外は生音!前半はMCまでも生声でした(さすがにこれは後ろの席では聞き取りにくかったですww)

東京銘曲堂

川嶋哲郎(ts, fl)
岡安芳明(gt)
上村信(ba)

岡安さんの音数が少ないながらも魂こめて紡ぎだすギター。
上村さんの全く遊ばず禁欲的とも思えるような刻み続けるベース。
そして川嶋さんの温かくもメリハリのあるサックス。

派手なアレンジがあるわけでもなく、劇的な盛り上がりを準備しているわけでもなく、ただ淡々と3人が無理なくお互いの音を楽しんでいるだけでこんなにもすごい音楽ができてしまうことに驚嘆しました。


川島さんのテナーは何と言いましょうか…。
ハリーアレンの柔らかさにとスコットハミルトンの渋みを足して、その旨みをぎゅっと凝縮した感じです。

唄い回しは、超絶基本。

アドリブも激しいアウトフレーズなどはなく、
そう難しくない音を使っているはずなのですが、
展開が素晴らしいです。
何であれだけできるのか…


「基本的なこと」はどこまでやれば基本の域を脱するのか全く見えなくなりました。

療育や音楽の技法、考え方にしても基本に忠実であるということがどれだけ無限の可能性を秘めているのかについて考えるすんごいきっかけになりました。

うあー、自分はまだまだだなぁと痛感。
がんばりますー。
  1. 2008/06/16(月) 16:40:05|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【お知らせ】TOKU meets The BigBand Jazz Orchestra 2008.6.28. @Billboad Live Fukuoka

久しぶりの更新です。
近況報告もままならないですが、しかもたろばんの話ではないのですが、ライブの宣伝をさせてください。

来る6月28日(土)にビルボードでライブをさせていただきます!
いや、もっと正確に言うと、ライブをするバンドのメンバーとして出させてもらうわけですが。

フライヤーはこれ!

BB_フライヤー


バンドの中核・そして営業・広告担当(?)の日高さんが書かれた文章から。

*****************************************

昨年10/5~7の3日間6公演で大盛況だった、フリューゲルホーン&ヴォーカルのTOKUと我々BBとのコラボ企画「TOKU meets The BigBand Jazz Orchestra」が、あれから1年経たないうちに第2弾を迎えることになりました(^ ^)

BBはあれからトランペットが1名減り、テナーサックス1名とギターがメンバーチェンジしましたが、全国どこを探してもよそでは聴けない「BBサウンド」は健在!

さぁて、今回はどんな曲をレパートリーに持ってくるか、コーディネーター/アレンジャーとしては悩みどころ。。。

普段のTOKUライブでは聴けない、まだまだ埋もれているTOKUの魅力を掘り起こして輝かせ、それに便乗してまだまだ埋もれているBBの魅力をも掘り起こすべくw、夜も寝ないで昼寝て思案中です。

両者が互いに鼓舞し合って織り成すダイナミックでグルーヴィなステージをお楽しみいただけるよう、残り2ヶ月弱を全力疾走して臨みます(^ ^)b

どうぞご期待ください!!

◆日時/6/28(土) 1st. 17:30~ 2nd. 20:30~
◆会場/ビルボードライブ福岡(福岡市中央区天神2-7-6 DADAビルB1F)
◆料金/¥6,800

※5/7より一般向けチケット発売とのことです。
なお、メンバーからもご購入いただけます。

*****************************************


とのことです!

チケットのご用命は私までお願いします!!(ココだけの話、割引ありますんで)


割引があるとはいえ、1ステージの料金は学生にとっては結構割高…。
ですが、絶対楽しく、勉強になるステージになると思います!

ジャズ研の若者もぜひおいでませー☆
  1. 2008/06/02(月) 15:26:08|
  2. ライブの話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。